ワンポイントアドバイス

以前からコントロールを意識するときに「動かないもの」を

しっかり感覚として身につけることを大切にしようと言ってきました。

これはネットの高さやベースライン及びサイドライン。

 

 

またセンターラインやサービスラインのことをイメージしてますかということです。

決まった場所でタイミングで打つことが出来るのはサーブだけです。

 

 

あとはみな動いてるボールを打ちます。

相手に打たせるのも自分が打つのも、

どの場所、タイミングでどのように打つのかを瞬時で判断して正確に伝えることです。

 

 

相手は動きます。

それを予測して打つわけですから「動かないもの」の

イメージを自然に使い分けできるように練習しましょう。

 

 

 

バックハンドは今はダブルハンドが多くなっています。

昔は小さいときから始めたので弱いシングルでのカバーでダブルハンドにして、

その延長でそのままダブルハンドかシングルハンドに変えていました。

 

 

現在は初めからシングルハンドは弱いのでダブルハンドをと変更など考えずに

スライスのみシングルハンドというプレイヤーが殆どです。

 

 

しかし、昔から攻めるならバックというのは変わりません。

どんなに攻められても負けないバックハンドを身につけましょう。

フォアによる攻撃や速いタイミングでの処理は

普段の練習しているところでも随分見られようになりました。

決めることにもなりますし、防御にも必要です。

 

 

ただし、速いボールや速いタイミングでの処理は、

相手の処理も速くなることも理解しなければ

逆に切り返されて苦しくなることもありますし、

速く打つことが足を止めて待つことになってしまいます。

 

 

一球一球のボールの時間やネットを通過するときの

軌道なども大切に練習していきましょう。

 

高く上がったボールをバウンドさせて打つには、

一つは早く大きく下がって前へ迎えに行って打つこと。

 

もう一つはバウンドが高く上がる前に近づき腰や胸ぐらいに上がってきたところを打つことです。

 

これのコツは上がったボールは見ないでバウンドが打つポイントに来たところを見極めて打つことです。

でも落とさずにダイレクトが一番ですよ。

ボールをよく見て打つこと。あたり前のようで中々出来ません。

フレームに当たったり先に引っ掛けたり、中にはスロートの中に挟 まってたりします。

 

 

真ん中でキャッチするよう相手のラケットから離れたボールを、

予測しながら追いかけしっかり捕らえることです。

 

それからボールの予測が速く出来るといつもお願いしている

サーブのフォルトもをネットへ打たなくても止められるよ うになります。

« Older Entries
ページ上部に