2011年5月 記事一覧

4月15日から『松田テニスクラブ』から『TEAM MATSUDA』としてホームページがスタートします。

是非ご覧くださ い。独立して一年半が経ち皆さんにご協力いただきながら何とかやってきました。

 

 

しかし、先日も掲載したとおり日出町 でもあまり知られておりません。

4月15日に大分合同新聞の「れっつNews」に掲載されるタイミングに合わせてホーム ページを作成しました。

今までもポストカードや折り込み広告などを以前にも何度か行ないましたが、

殆ど効果がなくて 皆さんの口コミで広げていただいていました。

 

 

これからもより一層広めていただきますようにお願いします。

そのときに 「ホームページがある」とお伝えいただければ嬉しいです。

詳しく説明していただかなくても分かるようになっています。

 

 

この素晴らしいホームページは専門の方にお願いしないと出来ません。

これは今売り出し中のWEB企画「Hiji-W EB企画」(代表 阿部さん)にお願いしました。

細かいところまで打ち合わせて長い時間を割いて作っていた だきました。

 

 

聞いてはいたけどやり方わからなかったTwitterを掲示板の変わりに使えるようになりました。

これから 掲示板は今までどおりとTwitterの両方になります。ご活用ください。ブログも配信中です。

5月3日(火)4日(水)5日(木)はお休みです。

ただし、コート利用をされる方は事前にお知らせください。

鍵を開けて おきます。利用の仕方はお守りください。

 

 

お休みの水曜日、木曜日のレッスンは振替してください。

前後どちらでもいい 時にお越しください。

6月に持ち越してでもいいですし、4月に受講されても結構です。

テニスはネットを直接越えたボールの打ち合いです。

まずはネットを越えなければいけません。

相手のボールが難しく 返球が困難な場合のミスと違って、

それほど難しくないボールをネットするときは「惜しいなぁ」と思えるネットなら納得し ます。

 

 

しかし、上ではなく真ん中から下だったり、オーバーするときもフェンスまで飛んでいったり、

サイドも大きく外れた ことなど皆経験があるのではないですか?

 

 

その時々で場面は違いますが、打つときにただ「そこへ行け」と打ってるだ け、

中には「決めてやる」と力いっぱい打ってるときもありませんか?

 

 

どういうボールを打つにしてもネットを直接越えて コート内に入らなければ意味がないでしょう。

そのときには動かないものをイメージしましょう。ネットとコートです。

 

 

打つ点からネットまでの軌道、ネット越えてから

落ちる場所への軌道をしっかりイメージしてその軌道に沿って運ぶのです。

その軌道に沿うようにするには何が必要かを判断します。

 

 

そして相手コートに落ちるまでの時間を考えてスピードも 考慮して決めます。

そうすればしっかりとイメージ出来て伝えるわけですから極端なミスはずっと少なくなります。

 

 

打つ 時はボールを見るだけではなく、

打つボールのイメージを「ネット」と「コート」の動かないものをしっかり思い浮かべる ことを身に着けましょう。

ホームページも一つですが、一般ナイタークラスをもう一度始めることも再スタートです。

TMJrは90分レッスンあと ゲーム練習やラリーを自分で考えてする60分になります。

ナイターなければそのまま今までと変わりません。

ナイター あれば隣で見ていますが、各自真剣に打ち込んで欲しいと思います。

ホームページには掲載していませんが、

火曜日と金曜日の16時から18時の二時間は中学生サークルを始めます。

 

 

硬式テニス部が大分や別府でも始まりそうですが、日出町は出来ません。

学校と違う部活のようなサークルを真剣に取り組みます。

 

 

日出に限ってと決めるわけではありませんが、

時間や場所を考えると限られるかと思います。

しかし、 来れるのであれば歓迎します。二日とも来れる方を待っています。

ページ上部に